母乳を終える方のケア(卒乳・断乳時のケア/卒乳相談)

現在、母児の心身の健康の観点からWHO/UNICEFでは、生後2歳までの母乳育児を推奨されています。

母乳卒業の時期を決めるのは、他の誰でもなく、お母さんと赤ちゃんです。

 

お母様と赤ちゃんのお気持ちを丁寧にお聞きし、母乳育児がトラブルなく終えられる様サポートします。

卒乳の時期や授乳回数、母乳分泌の状況によって、ケア回数は変わります。通常、約2~3回のケアで卒乳となります。

 

 

◇料金

  初診:3500円   再診:3000円/回 

   

◇ただし出張訪問の場合は、距離により交通費別途いただきます。(士別市内は無料。近郊は1000円~)

 

卒乳相談

卒乳を迷ったり、卒乳に向けての相談をしたい時に。

赤ちゃんの様子やお母様のお気持ちをお聴きします。

ご家族みんなで、卒乳の先の新しいステージに進むお手伝いをいたします。

 

◎卒乳・断乳の日を迎えるまで

◎卒乳日から~母乳生産の終了までの過ごし方

◎乳房ケアのスケジュールについて

◎職場復帰と母乳

◎部分断乳・夜間断乳について

 

◇料金:2000円 

ただし出張の場合は、交通費別途いただきます。士別市内は無料。近郊は1000円~

助産師たぐちの考え方

卒乳には、お母様側からの卒乳、赤ちゃん側からの卒乳があり、様々な形やタイミングがあると考えています。

世の中には、様々な情報があふれていますが、決めるのは”自分と赤ちゃん”です。

 助産師は、卒乳・断乳に向けたアドバイスや、心身をサポートをします。

授乳ストライキ

1歳前に赤ちゃんがおっぱいを吸わなくなったとしたら、それは卒乳ではなく、授乳ストライキかも知れません。

生後3ヶ月頃や生後8ヶ月頃に多いとも言われていますが、数日で授乳が再開することが多いです。

卒乳との見分けが難しいため、一度ご相談されることをお勧めします。